• トップ
バックナンバー

マットレスにある特徴

インテリアとしてのマットレス

マットレスはインテリアの一部

寝室のベットに敷かれたマットレスは、インテリアとしても重要な役割を果たします。そして日本人の生活が洋式になったため、ベッドを利用する人が多くなり、マットレスの種類も増えました。マットレスの最も大切な役割は、横たわった時に身体の圧力を分散させて、負担なく身体を休ませることです。良いマットレスは、体圧を均等に分散させます。さらにインテリアとしては、気持ちを落ち着かせる色合いが好まれます。自分に合わないマットレスでは寝心地が悪く、疲れが取れません。また、明る過ぎる色合いでは不眠症になることさえあります。特徴としては通気性が良く、耐久性に優れていることが望まれます。インテリアのコーナーには様々なタイプが展示してあるため、購入前に実際に手で押したり座ったりしてみて、硬さを比較するのも良いです。体重が重い人は硬めのタイプを好む傾向があります。インテリアとして考える場合は、部屋の全体的な色合いや特徴も考慮します。一般的に青色などの寒色系は涼しさを演出します。寝室であれば、赤色や茶色などの暖色系の方が、気持ちが落ち着くため睡眠には適しています。ソファやカーテンなどの、その他のインテリアの特徴も総合的に考えるべきです。

↑PAGE TOP